法人沿革

ロゴマーク

1979年2月、富山県西部に知的障害者の地域生活と社会参加の促進を目指し、保護者による「手をつなぐ親の会共同作業所」が開設されました。

利用者の増加と運営基盤の確立を図るため、社会福祉法人の認可を受け、1983年4月に通所授産施設「万葉福祉作業所」を開設し、1993年4月の更生施設「かたかご苑」(入所・通所)の開苑を経て、障害者の就労支援、グループホームの運営等の事業を進め、知的障害者のさまざまなご相談に対応できるようになりました。

現在では約160名余の知的障害者の利用者の皆様に、安全と安心のある生活が営めるよう、施設と福祉サービスの充実に努めております。 2009年に製造をはじめた製品、焼き菓子「ころろ」や「かりっこ」は、地域の皆様のご協力のもと、社会のニーズに応えられる製品へと改善を続けています。

 

あゆみ

1979年
高岡市手をつなぐ親の会共同作業所を開設
1980年
たかおか福祉作業所へ名称変更
1982年
社会福祉法人かたおか万葉福祉会の設立認可(厚生大臣)
1983年
通所型知的障害者授産施設「万葉福祉作業所」を開設(定員30名)
1991年
高岡市、たかおか万葉福祉会、高岡市手をつなぐ育成会で構成する「知的障害者援護施設建設協議会」設置
1993年
知的障害者入所・通所更生施設「かたかご苑」開設
(定員入所50名・通所20名)
1998年
かたかご苑体育館完成
1999年
知的障害者通所更生施設「かたかご苑分場」開設(定員19名)
障害児(者)地域療育等支援事業(現・障害児等療育支援事業)開始
2000年
共同生活援助事業開始・「グループホーム博労」開設
2002年
かたかご苑通所増築工事完成
2003年
かたかご苑通所利用者定員増員(定員30名に増)
「評議員会」設置
「グループホーム中田西町」開設
2004年
障害者就業・生活支援センター事業開始
職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業開始
2006年
「グループホーム中田東町」開設
障害者相談支援事業開始
2007年
高岡市ふれあい福祉センター2階に「障がい者相談支援センターかたかご」を開設
2008年
「かたかご苑分場」改修工事完成
2009年
共同生活介護事業開始・「ホーム東保」開設
「かたかご苑分場」を「サポートかたかご」に変更(定員 生活介護19名・自立訓練6名)
「グループホーム博労」の老朽化のため高岡市羽広地内の借家に移転し、新たに「ホーム羽広」として事業開始
2010年
「ファクトリーかたかご」開設(定員 就労継続支援B型事業20名)
2011年
「万葉福祉作業所」を改修・増築し、「ジョブライフ万葉」に変更(定員 就労継続支援B型30名・就労移行6名)
「サポートかたかご」自立訓練事業を廃止(定員 生活介護25名に変更)
「高岡市障がい者地域活動支援センターすまいる」開設(定員 地域活動支援センターⅠ型事業所20名)
「かたかご苑」の給食を業者委託とする
「かたかご苑」の改修工事が完成し、障害者支援施設「かたかご苑」(定員 施設入所支援50名・生活介護40名)と「すてっぷかたかご」(定員 生活介護40名)に変更
2012年
法人住所を高岡市長江660番地から高岡市滝新15番地に移す
2013年
「ホーム滝のぞみ」及び「ホーム滝あゆみ」開設
かたかご苑の障害者支援施設の定員を40名に変更